25年産新米の通販を開始

25年産新米の通販を開始

 

新米の販売開始

近江吉田屋の25年産の新米の通販を開始しました。  今年も例年通り美味しいお米ができているようで、息子としては嬉しい限りです。販売するお米は昨年と同様、「こしひかり」「きぬひかり」「ひのひかり」の3種類となります。少しお値段もお安くしているのでお買い求め安くなっているかと思います。

 

これからの農家

嬉しい悲鳴ですが、昨年から飲食店様へ直接販売させていただいており、お米の出荷量が増えてきております。納品先の飲食店様の業績も好調で、その影響との事らしい。 農家が農協(JA)に卸さず、飲食店に直接、卸販売をする事によって何が変わったのだろうか?

  • 農業生産者から農業経営者への意識改革
  • 単価アップよる利益拡大による生産性のアップ

上記点において、近江吉田屋は、従来よりも意識が大きく変わり始めたのではないかと思う。自分は東京で会社経営しており、なかなか実地での手伝いはできないけれど、これからも近江吉田屋の営業マンとして実家のお米販売を手伝っていきたいと思います。いつかは地元に帰って農業経営を継ぎたい。

URL :
TRACKBACK URL :

COMMENT ON FACEBOOK